TASAKISAXのブログ

「ふくおか」から中古サックスの魅力についての知識と独自のサックス情報を発信します!

中古サックスの魅力

KING サックスにはステンシル期とオリジナル期が存在する

投稿日:2020年12月26日 更新日:

アメリカン・オールド・サックスのキソ知識〜KING/キング

今回はアメリカン・オールド・サックスの魅力を知るための基礎知識「キング/KING」編です。

キングのサックスについては、部分的にモデル名は知っているけど、どんなメーカーだったかよく知らない…という方が意外に多いと思います。

この記事でゼファーやスーパー20以外のモデルも知って、サックス探しをもっと楽しみましょう!

キング・サックスの特徴

キングについて知っておきたいポイントは以下です。

  • 全盛期のモデルは素材・彫刻ともに凝っていて、未だに高値で取引されている
  • シルバー・ソニック(銀素材を使った管体)の元祖
  • 「サクセロ/Saxello」「ゼファー/Zephyr」「スーパー20/Super20」で有名

このポイントに加えて、以下のようなキング・モデルの歴史も知っているとさらに楽しくなります。

キング・サックスをネット・オークションで楽しむための知識は以下の2つです。
  • キングのサックスは大きく4期に分けられる
  • キング・サックスには超レアキャラが存在する
  • キングの絶頂期モデルは「ゼファー・スペシャルからスーパー20」

キングのサックスは大きく4期に分けられます。

  • ステンシル期(Kohlert&sons/コーラート製、Evette & Schaeffer/イベット&シェーファー製、C,G,Conn/コーン製など)
  • 自社製 初期(KING、VOLL.TRUE、VOLL.TRUEⅡ、サクセロ)
  • 自社製 全盛期(Zephyr・Super20)
  • 買収後/後期ステンシル期(KING Tempo/J.KEILWERTH製 、KING Marigaux/S.M.L製 、KING Lemaire/Amati製)※平行してSuper20〜Super21も生産)

ステンシル期

キングは創業当初「H.N.ホワイト/H.N.White」という社名でした。

1916年に自社製サックス第一号の「キング/KING」モデルを発売するまでは、他のメーカーとおなじように他社製のサックスに「H.N.White」のロゴをつけて販売する(ステンシル)という方法をとっていました。

サックスの外注先は、ドイツの「コーラート/V.Kohlert&son」社や「イベット&シェーファー/EVETTE&SCHAEFFER」社でした。

ちなみにコーラートやイベット&シェーファーについては、以下の記事で触れています。

セルマー以前のサックス〜1936年までのセルマーはクランポンより「格下」だった!

自社製初期

↑キング自社製の第1号モデル「KING」。1916〜1929年くらいまでこのモデルが生産されました。この頃はまだ”H.N.White”がブランド名です。

動画元:Lawrence Horwood

自社製サックス第一号の”KING”や、のちの代表的モデルにつながる”VOLL.True”を生産していたのがこの時期です。

特にサクセロも含めたサックスの全バージョン(ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、Cメロ)がこの時期に製造されました。(Cメロを含む1924年のカタログが現存しています)

その後「VOLL.True」は改良され「VOLL.TrueII」となり、ゼファー/Zephyrへとつながります。

basic-sax掲載のKING Cmelo sax

↑KINGのシリアル・ナンバー184xxx番台Cメロサックス。<出典元:The Bassic Sax Blog

 

自社製 全盛期

Voll TrueⅡの発展型として発売されたゼファー、そしてゼファーのハイ・グレード・バージョンとして開発されたゼファー・スペシャルと、さらにその発展型のSuper20が生産されていた時期です。

※ゼファーは5回のマイナーチェンジ期があり、スーパー20は6回のマイナーチェンジ期があります。詳しくは以下の記事を参照してください。

 

※キング最盛期モデルについては以下の記事で「かなり詳しく」解説しています!

KING サックスについて③ VOL-TrueII・ZEPHYR・ZEPHYRSpecial・Super20【全3回】

この時期のものがキングの全盛期で、特にSuper20は「フル・パール/パール・インレイ」(サイド・キィとテーブル・キィに真珠加工がほどこされたもの)や「シルバー・ソニック」(現在のヤナギサワ”シルバーソニック”の元祖であるネックとベル、もしくはベル・ネックがシルバー素材のもの)といった豪華なモデルが造られました。

たいていキングといえば、この時期のモデルを指します。

 

買収後/後期ステンシル期

↑カイルベルトが製造していた「キング・テンポ」。

動画元:import Sax

キング社がH.N.ホワイトから他の会社に売却されたあと(1960年代)のモデルです。
この時期はまた、(コストダウンを狙って)「ステンシル・サックス」の販売に変更されます。

看板モデルの「Super20後期モデル」も生産されていましたが、同時に…

  • カイルベルト社製サックスの「king tempo/キング・テンポ」
  • S.M.L(ストラッサー・マルゴー・ルミール)社製サックスの「king marigaux/キング・マリゴー」
  • Amati製サックスのking lemaire/キング・ルミール」

などが他メーカーで製造され「キング」ブランドとして販売されました。

↑S.M.LがKINGに依頼され製造した「キング・マリゴー」。このモデルは他のキング・ステンシルと違ってS.M.L社最後のプロモデルといえる造りになっています。

動画元:サックス買取ラボふくおか

↑チェコの大手メーカー「Amati」社製の「キング・ルミール」。

動画元:esteban pascual

「キング・ルミール」や「キング・マリゴー」についてはこちらの記事でも触れています。

S.M.L/ストラッサー・マリゴー・ルミール

 

キング・サックスには超レアキャラが存在する

キング・サックスには2つの「レア・キャラ」が存在します。
1つは「Saxello/サクセロ」もう1つは「Super21/スーパー21」です。

特に「Super21」は超がつくレア・キャラなんです。

サクセロ

↑こちらは1925年製造のサクセロ。一時期人気が高かったので日本国内でもたまに見ることができます。

動画元:ebaylistentomusic

サクセロはかんたんに言うと「ベルとネックがカーブしたソプラノ・サックス」です。

キング初期のモデル「Voll True」期の1つとして製造されました。

現在では「ランポーネ」がこのサクセロのようなソプラノ・サックスを製造していて、日本からでも入手可能です。(石森楽器さんが取り扱っています。)
※ランポーネ/については下の記事で触れています。

セルマー以前のサックス〜1936年までのセルマーはクランポンより「格下」だった!

 

キングSuper21

「超レア・キャラ」Super21は、以下のような経緯で造られた「Super20後継」モデルです。

  • 1983年キングが当時のアメリカ・サックス界の大物オーナーダニエル・ヘンキン氏(当時C,G,Connオーナー)に売却される。
  • その後、さらにスウェーデンの投資会社に売却されます。そのグループ会社の「UMI」という楽器総合会社の傘下に置かれる。
  • 1990年にUMIがさらにBernhard Muskantorに譲渡。
    Bernhard Muskantorは音楽にリスペクトを持つ投資家だったため、かつてのKINGブランドの地位・名声を取り戻そう、という方向に舵を切ります。こうして「Super21」プロジェクトが発足しました。(ちなみにこの当時、C,G,ConnもUMIに吸収されていたので、Bernhard MuskantorはConnブランドに対しても立て直しの方向に動きました。)

「Super21」プロジェクト

こうして立ち上がった「Super21」開発計画がどれくらい気合が入ったものだったか、というと

  • 管体の造りは、Super20の特別仕様バージョンと同じ「総銀製」
  • わざわざ1970年代の在庫パーツを使って組み上げた。

こうして世の中に出たSuper21は結果、あまり売れずプロジェクトは失敗に終わりました。
そのため、Super21はほんとうにわずかな本数しか市場に出ていない「幻のサックス」となってしまいました。

まとめ

オークションなんかでも未だに高い個体があったり、安いボロボロの個体があったり…と初心者には特にわかりづらいキング。

ですが未だにビンテージとして高価なモデルは限られていることがわかりますね。

ゼファー・スペシャルやスーパー20以外でも、ヨーロッパのかつてのメジャー・ブランド製ステンシルが存在していたりVol True IIからゼファー〜スーパー20への変遷が楽しめたり、と奥深い魅力を持っています。

第二弾・第三弾の記事では、製造時期によって違いのあるゼファー、Super20について解説します。

KING サックスの代表モデル製造時期の比較表

-中古サックスの魅力

執筆者:


関連記事

歴代セルマー・サックス解説!【後編】

歴代セルマー解説!セルマーの過去モデルを第一号モデルから非公式モデル、そしてジュビリー前まで解説します③ 今回の記事は「歴代セルマー解説」3部作のラストとなります。 それでは一気にアルト・サックスを使 …

KING(ゼファー以降) シリアルナンバー 製造時期の比較表〜ヴィンテージ・サックス〜

キングの代表モデル・製造時期の比較表 今回はキング・サックスの「ゼファー」モデル以降のシリアル・ナンバーと製造時期の表です。 ※表を横スクロールして全体をご覧ください。右はしの「備考欄」に、主な特徴を …

Jマイケルのサックスを買う前に

J,michaelのサックスはおすすめしません! 安いサックスとして有名な「Jマイケル」。けっこう昔から存在する『激安』サックスです。 このJマイケルは他のサックスに比べて圧倒的に安いので、「試しに始 …

ソプラノ・サックスの選び方

最近のソプラノ・サックスはどれも性能が良く使いやすくて問題ない?! サックスの中でも「サックスらしくない」形状で、フルートのように幻想的で美しい音を出す事ができるソプラノ・サックス。 一風変わった外観 …

中古サックスに『癖 クセ』はついている?

中古サックスの『クセ』とは? 「サックスのクセ」という言葉、よく耳にしますよね。 在庫サックスに関しても「前の方のクセはどれくらいついていますか」という質問をもらうこともあります。 この「クセ」ってい …