TASAKISAXのブログ

「ふくおか」から中古サックスの魅力についての知識と独自のサックス情報を発信します!

中古サックスの魅力

サックスの選び方〜ネットオークション編

投稿日:2020年7月20日 更新日:

今回は中古サックスの選び方・ネットオークション編です。

オークションでサックスを手に入れる際、注意すべきことは以下の3点です。

初心者がオークションでサックスを落札する場合の注意ポイント
  1. コレクターの方以外、演奏目的ならよほど詳しくない限り「間違いない」ブランドに絞る具体的にはヤマハ・セルマー・ヤナギサワ
  2. 上記ブランドが、中古でも予算的にムリ、という場合は(20万〜30万くらい)
    「もともと安いけど品質に定評があるブランド(以下で紹介)」に絞る。
  3. 有名ブランドのものでも「相場よりかなり安い」サックスは状態の詳細をよく見る(安い原因が”致命的”でないか)

では、順に説明していきます。

注意ポイント1.「間違いない」ブランドに絞る.具体的にはヤマハ・セルマー・ヤナギサワ

サックスは、ご覧の通り「管に穴を空けてドレミファソラシドを作り出している・そのフタの開き加減で音程が調節されている」楽器です。
つまり、

  • 穴(トーンホール)の位置・仕上げがちゃんと設計されていないサックス
  • コストダウン重視で調整できる機構になっていないサックス
  • キィにガタが出やすい構造になっているようなサックス

などは 「買ってはいけないサックス」と言うことになります。「信頼できないメーカーのサックスは最初からちゃんとした音が出ない」場合もある、と言うことです。
こういったサックスを手にいれてしまうと、最悪 調整ができない場合もあります。

その点、この3ブランドなら大丈夫です。

注意ポイント2.「間違いない」ブランドに絞る。

セルマー、ヤナギサワ 、ヤマハは「サックスの3大ブランド」として世界中で流通しています。
セルマー、ヤナギサワ 、ヤマハを推す理由は、以下の記事にまとめています。

★サックスはセルマー、ヤマハ、ヤナギサワがやっぱり良いと思う

注意ポイント3.予算的にムリ、という場合は「もともと安いけど品質に定評がある」ブランドに絞る。

長く愛用する、上達しつつ良い音を体でおぼえられる、と言う観点で言うと
上記3大ブランドを強くお勧めしますが、

「安くて」「良い」ブランドも紹介しておきます。
  • アンティグア
  • シャトー

この2ブランドは比較的、作りがしっかりしていて品質も均一なのでおおすすめです。
どちらも探せば中古で10〜15万前後で手に入ると思います。

出品者で選ぶ〜出品者の種類によって・どんなコンディションか見分ける

次に、「出品者」からサックスの状態を予想するための知識です。
ネット・オークションでは出品者がどんな方なのか、過去の出品履歴などから大まかに想像することができます。

以下、オークションに出品されいてる「サックスの状態」と出品者(の傾向)です。

現状のまま出品

落札後、自分で修理するのが前提。「ジャンク・無調整」と書いてあることが多い。
ジャンクと表記されていないものでも、楽器と関係なさそうな出品者(例えば普段はブランド・バックを出品しているのに、1品だけセルマーのサックスが混ざって出品されているとか)
のサックスは、サックスの調整や状態の判断ができる環境が整っていない、と予想できるので、手に入れた後で「修理・調整」費用がかかると予想しておいた方が良いです。

最低限、基本音が出る状態に修理・調整して出品

また、「調整済み」と書かれてるサックスでも楽器専門店の出品でない限り、サックス専門の知識のあるリペア・修理が施されているとは考えにくいので、「最低限、音が出る状態」になっているだけ、と考える。

リアルの楽器店、店舗を持っている楽器店が、販路の1つとしてネットオークションを利用

こういった出品者で「調整済み」と書かれていれば、そのお店が普段お願いしている専門のリペアショップやそのお店のリペア・スタッフによって修理・調整されている場合がほとんどです。

ウチ(サックス買取ラボふくおか)の場合

例えば、ウチは調整・修理に2人のリペア職人さんに依頼しています。具体的には

  • 都内にお一人、プロのサックス・プレイヤーの方々のリペアやカスタマイズを専門にやってらっしゃるリペア工房
  • 福岡県内ではかなり有名な方、こちらもお1人でやってらっしゃる工房/li>

です。

ただ、全てのサックスに同じような調整を施しているわけではありません。

なぜかと言うと
もともと値段が高いサックスでも安いサックスでも修理・調整代ってほとんど変わらないんですね。

そのため、調整して高い売価になったら売れない、と判断したサックスは無調整で出品しています。

もちろん、その場合は「無調整」と明記しています。

そして、調整したサックスでも

  • (アメセルが作られた当時のように)一部カスタマイズを含む「プロ調整」をしたサックス
  • 他店と同じ「最低限の調整」をしたサックス

に分けて販売しています。

現時点で、と言ったのは、いずれはぼすべての在庫サックスにこだわりの調整を入れていきたいと思っているからです。

…フラジオ域や最低音もしっかりと出るよう調整している場合が多い。
(ただし、大手楽器店や総合楽器店だと、サックスの専門担当スタッフを置いていない場合が多く、そういった場合は
標準音域いがい(フラジオ域や最低音,替指の出しやすさなど)を確認できないチェックしていない場合もあります。
念のため、電話もしくはメールで「最低音とフラジオ域もスムーズに音が出ますか?」と質問するのがベスト。)

どこまで修理できる?ジャンク・サックス

サックスで修理できるポイントは大体以下の通りです。

  • タンポ交換
  • 管の曲がり・凹み

一般的に修理費用で一番高いのは「全タンポ交換」です。
「全タンポ交換」費用は8〜10万で設定しているところが多いです。
※購入後の修理費用もぜひ予算に組みこみましょう。

オークションでの見分けポイント

オークションで「思っていたよりヒドいサックス」を手に入れてしまわないように、以下の点に注意しましょう。

  • 電話・メールで質問( 回答がない場合はやめる
  • 商品説明がないものは手を出さない
  • そのお店が サックスに詳しいか
  • 音に影響するる箇所の凹みがないか(トーンホール・キィ・ベル)
    管のへこみは見た目は悪いが、比較的影響はない。ただしトーンホールのちかくの凹みは、目立たないけど実は管がねじれている、と言うケースもあるので要注意
  • すぐ演奏したいならタンポの状態( とれていないか・劣化がひどくないか・特にネックの小さいタンポがとれていないか
  • 管体の一番小さいトーンホールのタンポはとれていないか

まとめ

いずれにせよ、「高い値段=責任」となるので、出品側にとって「責任が持てない」出品は価格が安くなります。
そのかわり、ノークレーム・ノーリターンで、というのが基本ルール。
なので上記のような対策をしながら慎重に入札してください。

また、メーカーによってもともと安いものは、メーカー公式サイトで事前に購入後の感想などをチェックした方が良いです。

-中古サックスの魅力

執筆者:


関連記事

no image

サックスの特徴〜マイナーチェンジはなぜ必要なのか セルマー・ヤマハ・ヤナギサワに見る音と吹奏感の要素

動画などでもお伝えしていますが、サックスの特徴として「頻繁なマイナーチェンジ」があります。同じモデルでもいろいろなマイナー・チェンジ・バージョンが存在するのは、どの主要メーカーも同じです。 サックスの …

アメセルとフラセルの違い

アメセルとフラセルって何?? まず結論から。 アメセルとフラセルの定義は以下のとおりです。 アメセルとフラセルの定義 アメセルは「フランスで製造され、アメリカ国内で組み立て・検品された」セルマー製サッ …

no image

ヤナギサワの『ブロンズ管体』サックスを吹き比べてみた

ヤナギサワのブロンズ・ブラス管体 今回はヤナギサワの『ブロンズ・ブラス管体』をメインにいろいろ比べてみようと思います。 現在までで、ヤナギサワの『ブロンズ管体サックス』として手に入る中古サックスは以下 …

中古サックスの選び方【上級編】C.G.Conn/コーンとマイクロマイクロチューニング・デバイス

コーンだけについているマイクロチューニング・デバイス ネックについている異様なダイヤル…こんなものがついているサックスはあまり見かけませんよね。 ネット・オークションでたまに見かける「C.G.Conn …

セルマー・サックスserie2とserie3の違いを検証してみました!

【セルマー・シリーズ2と3って、違いがわかりにくい】 「セルマーのシリーズ2とシリーズ3って、実際の所どう違うの??」サックスをある程度やっている方なら、だれでも1度はそう思いますよね! セルマー・シ …