TASAKISAXのブログ

「ふくおか」から中古サックスの魅力についての知識と独自のサックス情報を発信します!

中古サックスの魅力

カイルベルトの歴史「ステンシル・モデル」と「Toneking裁判」

投稿日:2021年10月5日 更新日:

今回はカイルベルト特集の最後として「ステンシル」と「ToneKing裁判」を解説します。

カイルベルトの主なステンシル・モデル

「ナウハイム期」のカイルベルトを語る上で数々のステンシル・モデルをはずすことはできません。
カイルベルトはグラスリッツ期にも数多くのドイツ圏サックスのステンシルに関わっていますが、「ナウハイム」移行後は国外の有名ブランドへのステンシルとしてカイルベルト・モデルが世界に流通しました。

セルマー・デュッセルドルフ・メジャー『Major』

セルマー・ロンドン・ペンシルバニア『Pennsylvania』

セルマー・USA(H&A.Selmer)・バンディ・スペシャル『BUNDY Special』

キング・テンポ『KING Tempo』

アームストロング・ヘリティッジ『Armstrong Heritage』

クランポン・エクスプレッション『Crampon Expression』

 

カイルベルトの裁判沙汰

ユリウス・カイルベルトでは過去に『ToneKing』のモデル名を無断で使われ他社を訴えた…ということが2度あります。

裁判その① 『アマティ/AMATI』社の『ToneKing』使用問題

第二次世界大戦後、チェコ・スロバキアではアマティが国営企業として「V.F.コーラート」と「ユリウス・カイルベルト」を吸収しました。
そういった経緯からアマティは、カイルベルトが残した工場や部品を使い、サックスを製造・販売した時期があります。
この時期がアマティが創立された1945年頃から1955年頃まで続きました。
このことで1945年〜1955年製の『ToneKing』は、カイルベルト製ではなくアマティ製なのにも関わらずカイルベルトの”THE BEST IN THE WORLD”スタンプが刻印されています。
また、シリアル・ナンバーもそのままカイルベルト時代のものを流用している…という「スーパー・コピー品」になってしまっています。
その後もアマティは「ToneKing」のモデル名を使い続けたことから

その50年後、アマティはカイルベルトの中位モデルの組み立てを請け負うことになります。

裁判その② 『Dörfler & Jörka/D&J』社の『ToneKing』使用問題

『Dörfler & Jörka/D&J』はドイツのサックス・メーカーです。
1960年代にカイルベルトから訴えられることになります。
裁判の結果、D&Jの違法性は認められませんでした。その後は面白いことにカイルベルトとD&Jは和解し、カイルベルトの下請けとして関係と取り戻します。

 

 

-中古サックスの魅力

執筆者:

関連記事

C.G.Conn ltd最後のモデル『D.J.H.Modified』

「コーン・リミテッド」名義、最後のモデル「D.J.H.モディファイド」とは?? 前回の記事でも触れましたが”C.G.ConnLtd”名義で製造した最後のサックス・モデルが「D. …

サックスの「Low Pitch」と「High Pitch」

ヴィンテージ・サックスで見られる「Low Pitch」刻印 ヴィンテージ・サックスをみると、よくシリアル・ナンバーの下に LOW PICH と刻印されているものがあります。 これは何かというと LOW …

セルマー・サックスserie2とserie3の違いを検証してみました!

【セルマー・シリーズ2と3って、違いがわかりにくい】 「セルマーのシリーズ2とシリーズ3って、実際の所どう違うの??」サックスをある程度やっている方なら、だれでも1度はそう思いますよね! セルマー・シ …

中古サックスを選ぶときの注意点〜オークション編〜

中古サックスを選ぶときの注意点②〜オークション編〜 今回は、中古サックスを販売している立場から 「ネット(特にネット・オークション)で中古サックスを購入する場合の注意点」 をまとめてみたいと思います。 …

ヴィンテージ・サックスを操る旬なサックス・プレイヤー5選

ヴィンテージ(オールド・サックス)を愛用するサックス・プレイヤーが増えてきている! 海外では最近またヴィンテージ・サックスを愛用するプロのサックス・プレイヤーが増えてきましたね! それも一昔前のように …