TASAKISAXのブログ

「ふくおか」から中古サックスの魅力についての知識と独自のサックス情報を発信します!

中古サックスの魅力

ヴィンテージ・サックス・ブランドまとめ

投稿日:

※この記事は書きかけです。

ヴィンテージ・サックス総まとめ!

それぞれのモデルの歴史については過去記事を見ていただくとして(過去記事があるものはリンクを貼っています)

今回は「予算・相場」を補足しながらでヴィンテージ・サックスをまとめていきたいと思います。

もちろん、全てのブランドを網羅することはできませんが(特にロシア、中国のサックスは把握していません…)

「ebayで見かけたけど、大手楽器屋さんの記事やサックス雑誌には載っていないなぁ…」

というようなブランドもなるべく取り上げてみます。

まず初めに:ヴィンテージ・サックスとオールド・サックス

最近では「今では廃盤となった旧機種」を全て

「ヴィンテージ・サックス」

と言いますが、実際にヴィンテージ・サックスに興味を持って古いサックスを探しだすと

ヴィンテージが大きく2種類に分類されることに気がつきます。

ヴィンテージ・サックスは以下の2つに分類されます

  • ヴィンテージ:現在は造られていない機種で、未だに高値で取引されるもの
  • オールド:一般的にヴィンテージに分類されるが、単に「今は製造されていない古いサックス」。1930年代前後のものが中心。金額もヴィンテージのように高騰していなくて比較的手に入れやすい。

ヴィンテージ・サックスの代表モデル

まず、誰でも知っている「ザ・ビンテージ」です。

ネットの普及と技術進化のおかげか、20年くらい前よりもこういった「値段が高騰する」サックスはかなり減りました。

それでも以下のサックスは相変わらず別格の存在です。

(現行モデルで有名になったサックス・ブランドは今回取り上げていません。)

 

セルマーの歴代モデル(価格に関してはかなり個体差があります)

セルマー・ヴィンテージの各モデルは以下の記事で。

歴代セルマー・サックス解説!【後編】

クランポン・プレステージュ

クラシック、吹奏楽の演奏に特化した「究極サックス」。

ソプラノ、アルト、テナー、バリトンなど存在します。現行モデル『SENZO』の元祖的モデル。

“ミント・コンディションの”キング・スーパー20 シルバーソニック

いろいろなバリエーションがあり、シルバー・ソニックでも「ネックのみシルバー管体」「ベルとネックがシルバー管体」など。またノーマル・ラッカー・モデルもあり。

C,G,コーン・ヴァーチュオーソ・デラックス

サックス全盛時代の超豪華モデル。ベースとなっている管体はnew wonderですが「全てのサイドキィがフルパール」「ゴールド・プレート」そして「芸術的な全体彫刻」が特徴。現代のものとは別次元の彫刻が最大の見どころ。

SBA以降(1950年代)以降のもので、値段が高騰していないヴィンテージ【予算30万前後】

アメリカ編

  • SelmerU,S,A/セルマーUSA
  • Buescher/ビッシャー
  • C,G,Conn/コーン
  • KING/キング
  • H. Couf(フランスからアメリカへ移行)
  • VITO…”LEBLANC/ルブラン”のブランド
  • LEBLANC

ヨーロッパ編

  • S.M.L(フランス)
  • Hammerschmidt(ドイツ)
  • Maurice Boiste(フランス)
  • Wolfram(ドイツ)
  • Werner Roth (WERO)
  • Julius Keilwerthの後期モデル(ドイツ)
  • Buffet Cramponの後期モデル(フランス)
  • AMATI(チェコ)
  • BORGANI(イタリア)

オールド・サックス

年代でいうと『セルマー・バランスド・アクション』から『セルマー・SBA』発売以前(1930年代以前)の、今でも入手可能なサックス〜オールド・サックス〜をあげてみます。

アメリカ編

  • Holton/ホルトン
  • Martin/マーティン
  • Buescher/ビッシャー
  • C,G,Conn/コーン
  • H,N,White/HNホワイト(のちのキング)
  • OLDS/オールズ

ヨーロッパ編

  • Dörfler&Jörka(ドイツ)
  • F. Köhler(ドイツ)
  • F.X. Hüller(ドイツ)
  • G.H. Hüller(ドイツ)
  • Gebrüder Mönnig(ドイツ)
  • LEWIN BROS LONDON(イギリス)
  • Hohner(ドイツ)
  • bootsy&hawks(イギリス)
  • Millereau(フランス)
  • buffet crampon(Evette&scheffer含む)★(フランス)
  • COUESNON★(フランス)
  • Dolnet★(フランス)
  • RAMPONE & CAZZANI★
  • pierret★(フランス)
  • Oscar Adler★(ドイツ)
  • V. F. Kohlert★(チェコ)
  • Julius Keilwerthの初期モデル★(ドイツ)
  • Malerne(フランス)…ステンシル
  • Besson(フランス)

ヨーロッパのオールド・サックスについて★印のあるブランドは以下の記事をご覧ください。

セルマー以前のサックス〜1936年までのセルマーはクランポンより「格下」だった!

-中古サックスの魅力

執筆者:

関連記事

Jマイケルのサックスを買う前に

J,michaelのサックスはおすすめしません! 安いサックスとして有名な「Jマイケル」。けっこう昔から存在する『激安』サックスです。 このJマイケルは他のサックスに比べて圧倒的に安いので、「試しに始 …

歴代セルマー・サックス解説!【後編】

歴代セルマー解説!セルマーの過去モデルを第一号モデルから非公式モデル、そしてジュビリー前まで解説します③ 今回の記事は「歴代セルマー解説」3部作のラストとなります。 それでは一気にアルト・サックスを使 …

サックスの選び方【中級編】アタリ個体、ハズレ個体って何??

サックスのアタリ個体、ハズレ個体ってどういうこと?(マウスピースも同じ) 結論から言うと、サックスにはやはり「アタリ/ハズレ個体」が存在します。 ハズレ個体になってしまう一番の要因は「微細な品質のバラ …

no image

セルマー・サックスの特徴

セルマー サックスの特徴 サックスの王道。現代のサックスは世界中のサックスがビンテージ ・セルマーを基に開発をスタートしているので サックスの音色、形状の基準になっているメーカー。これはセルマーのバラ …

サックスのアドリブ練習を考える

今日からアドリブ練習を模索していきます ”自分に必要なアドリブ練習を探していく” 今回の記事は「みなさんに教える、と言うスタンスではなくて出口は見えないけど試していくサマを参考にしていただけたら」と思 …