TASAKISAXのブログ

「ふくおか」から中古サックスの魅力についての知識と独自のサックス情報を発信します!

サックスの練習

度数とは(基礎) サックスのための音楽知識

投稿日:2021年3月2日 更新日:

度数(ⅠとかⅡとか…)とは

コードの度数表記とは

度数とはコードを

Ⅰm7 Ⅱ7

などローマ数字で表すことを言います。

 

これは

「Cm7」や「D7」

のようなあわらし方と何が違うのでしょうか

結論から言うと

  • 「Cm7」「D7」のような書き方は「それぞれのコードの1音目がわかりやすい」表し方で
  • 「Ⅰm7」 「Ⅱ7」のような書き方は「元のキーから見て何番目の音を1音目にしているか」

と言う表し方です。

 

例えば「Ⅰm7」は「元のキーから見て1音目がルートになっている」
と言う意味なので

  • キーが「C」の場合は「1音目はC=Cm7」
  • キーが「E♭」の場合は「1音目E♭=E♭m7」

というようなかんじです。

では、これが実際サックスの練習でどう役に立つか、というと

コードやスケールを12keyで練習するとき

 

にこの表記の方がわかりやすい表記だったりします。

“C”や”D”の表記は「楽器によって変わる」書き方

例えば、アルト・サックスでコードを憶えようとして、ピアノ基準の教本を買って勉強したとします。

その時「Cというコードはド・ミ・ソを吹けばいいんだな」ということを憶えたとして、

そのまま他の人やピアノの人なんかと「Cのコード」に沿ってド・ミ・ソと分散和音を吹くと「あれ?なんか音外れてない??」となってしまいます。

つまり…

「C7」の「C」や「ド」「レ」などの音の表し方は、正確にいうと全ての楽器で共有できる表し方ではありません。

 

同じようにピアノやアルト・サックスやテナー・サックスに「ド・レ・ミと吹いて(弾いて)みて!」と言って同時にド・レ・ミを演奏してもらうとします。

そうすると同じ「ド・レ・ミ」を吹いているのに音があいません。

これは、

  • ピアノの「ド」(ちなみに「実音」と言います。)
  • アルトサックス の「ド」
  • テナーサックスの「ド」

がそれぞれ違う音から始まるからなんです。

…違う音から始まる??どういうこと??

これはどういうことかというと

弦楽器と鍵盤楽器以外の楽器は、それぞれ違う音から始まる「ドレミファソラシド」で造られているのです。

 

例えば先ほど出て来たピアノの「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を基準にすると

アルト・サックスのドレミファソラシドは

「(ピアノの)ミ♭・ファ・ソ・ラ♭・シ♭・ド・レ・ミ♭」

となります。

なので、

「Cm7を演奏して」

「ラのメジャー・セブンスで演奏して」

という表し方だと、話がややこしくなる場合が多々あるのです。

そのため

Ⅰm7 Ⅱ7

のような表記が必要になって来ます。

-サックスの練習

執筆者:

関連記事

サックスで「ラ#=A#(B♭)」のコードトーンを吹き慣れる・聴き慣れる練習

「ラ#=A#=B♭」のコードトーン練習 「コードとして実践で出てくるコードの種類を先に憶えてしまう」方法の11回目です。 ただ丸暗記するのではなく、分散和音で反復練習をすることでサウンドを耳に憶えさせ …

オーニソロジーでジャズ サックス フレーズ習得 6

「オーニソロジー」半音up6 今回は著作権の関係で1950年以前の楽曲からこの「オーニソロジー」を選びましたが チャーリー・パーカー作品でコピー題材としては他にも 「just friends」や 「H …

サックスでコード・トーンを吹き慣れる・聴き慣れる練習

もう1つのコードトーン練習 前回ダイアトニック・コードを12keyで練習する練習法をご紹介しましたが、今度は「コードとして実践で出てくるコードの種類を先に憶えてしまう」方法です。 ここでは各コードの機 …

サックスのコードトーン

サックスで吹く「コードトーン」 サックスでコードを吹く・練習する理由は以下の2つです。 理屈でなく、コード・ネームを見て音の雰囲気がわかるようになる 理論書で読むと難しくなる理屈が、実際にコードトーン …

ダイアトニック・コードの12key練習 12

「シ」から始まるドレミファソラシド いよいよダイアトニック・コード12key最後の1コです! 「シ」から始まるドレミファソラシドのダイアトニック・コードを練習します。 高音域が出てくるので、難しい方は …